本文へ移動

保育理念

保育理念(根本の考え)

○子ども一人ひとりを大切にした保育を実践し、豊かな発達を支援します。
○保護者が子育ての楽しさと豊かさを感じながら生活できるように、共に子どもの発達を支えていきます。
○地域の保育ニーズを踏まえ、よりよい保育と子育て支援を実践します。

保育方針(目指す方向)

(1)個性を育み個性を尊重
人との関わりの中で、人に対する愛情と信頼感、そして子ども一人ひとりの人権、人間としての尊厳を大切にし、一人の独立した人格として、その個性を育み個性を尊重する保育をします。
(2)家庭的な環境
子どもが安心して生活できる家庭的な環境を作り、集団の中で信頼関係を築くとともに、基本的な生活習慣の基礎を培う保育をします。
(3)自主性の尊重
子どもが自主的に意欲的に、生活し遊ぶことを大切にした保育をします。また、他の人達とともに生活する協調の態度が育つ保育をします。
(4)保護者との連携
保護者との意思疎通を十分に図るとともに、透明性の高い保育園運営を心がけます。

保育目標(育ってほしい子どもの姿)

○ よく遊び、よく食べ、心も体も健康な子ども
○ 思いやりをもって、助け合う子ども
○ 感性豊かで、生命を大切にする子ども
○ 工夫して遊ぶ創造的な子ども
○ 自分の思いや考えを言葉で表現する子ども

保育園での保育について

家庭と協力しながら子育てを担うところです。

* 保育園の生活は子どもにとってすべてが初めての経験であり、最初は戸惑うこともありますが、家庭と保育園が生活の場となります。子どもが毎日楽しく、健康で安全に生活できるよう保育していきます。

* 保育園では、家庭的な雰囲気の中で、ゆったり楽しく一日を過ごせるよう、一人ひとりの子どもを大切に保育していきます。

* 異年齢や同年齢の子どもとのいろいろな関わりの中で、やさしさ、思いやり、自分でやりたいことを試したり、考えて行動したり等の気持ちを育てていかれるよう保育を工夫していきます。

* 何気ない毎日の生活の仕方、考え方が子どもの育ちに影響します。忙しい生活の中ですが、親と子の絆がしっかり結ばれるよう、短い時間でも心をこめて接し、楽しい家庭生活を過ごすようにしましょう。

* 子育てには大変なこともありますが、日々成長していく子どもの姿からは、それをはるかに超えた喜びや感動を与えられます。子どもが楽しく園生活を送れるよう、ご協力をお願いします。

* わからないこと、困っていることがありましたら、いつでも保育園に、ご相談ください。

* 個人情報に関わる秘密を守ります。
TOPへ戻る